神の国日本の美しい神社 神々と共に歩む最高の人生 [s240321]

神の国日本の美しい神社 神々と共に歩む最高の人生 [s240321]

販売価格: 1,760円(税込)

商品詳細

森井 啓二(著)2024/3/8(発売)




▼はじめに
あなたは神社がお好きですか?
好きかどうかはともかくとして、ほとんどの日本人は、神社を訪れたことがあるのではないでしょうか。

いつも身近にあって、誰もが訪れ、自然に手を合わせる不思議な空間、神社。

本書では、どうして神社があるのか、その本当の目的を紐解いていきたいと思います。
大きな変化の時を迎えている今、あなたが魂を磨き幸せに生きていく助けとなるよう、時空を超越した聖者たちから伝えられた叡智、ヨーガの視点から、これまで誰一人言及していないことも特別にお伝えしていきます。

聴き慣れない言葉や、難しく感じられる箇所が出てくるかもしれませんが、最初のうちは分かりづらいところは読み飛ばしていただいてもかまいません。
頭で理解できなくとも、繰り返し言葉に触れていくうちに、あなたの内側から懐かしい響きが広がり、魂の奥深くで理解されていくことでしょう。

ぜひじっくりと大切に読み進めて、神の国日本の美しい神社の秘密を知り、見えない世界との交流を深めつつご自身の内面を探求し魂を磨いて、最高の人生を手に入れていただければと思います。

森井 啓二


▼もくじ
序章 神社の真の目的 神様の天意と愛を合わせる
・稀有なる聖地、神社
・地球規模での見本となる資質
・神社が設立された真の目的
・惟神の道を正しく歩むために

第1章 知られざる神社の心得 心神の秘密を解き明かす
・日本は素晴らしい神の国
・神社と人の身体
・人生を美しくするための秘訣
・宇宙照応・天地照応
・人が地上に降りてくる理由
・神との合一への特別チケット
・「心」とは神様からの贈り物
・意味が多重に込められた漢字
・宇宙の霊的周期
・霊的進化に応じた神々との繋がり
・神社の正式な参拝とは
・五大元素を体験する

第2章 神社参拝への道 内的探求と照応した参拝
・神社参拝の秘訣
・神聖な場所への門、鳥居
・「地」のエネルギーを意識する
・真我に響くアファーメーション
・神へと向かう意志を強める
・光の道、参道
・心の静寂を深めていく道
・参道と生命エネルギーの経路
・自然の中で氣を感じる
・禊の場である手水舎
・心身を清らかにする水
・思いと言葉と行為の清浄化
・生命エネルギーと欲の正しい使い方
・健全で規則正しい生き方
・生命体として存在する龍
・わずかに残る煩悩を祓う神門
・「神使」としての動物たち
・狛犬は真我に向かう関門の門番
・神を敬い感謝する拝殿
・注連縄は「神氣」の象徴

第3章 神社参拝の秘訣 人の力と神々の恩頼が融合する世界
・真我を呼び起こす鈴の音
・御賽銭の深い意味
・二拝二拍手一拝は新しい作法
・神と真我との統合意識の目覚め
・生命エネルギーを利用するムドラ
・「守・破・離」の「守」
・「今」の自分を省みる
・願いを叶えるために
・美しい祈り
・願い事が叶うメカニズム
・物質世界での困難の真相
・心の穢れが起こす天変地異
・神社の本当の御利益
・「薫習」と「薫陶」
・最も神氣を体感できる御神事
・日本語の言霊の根源
・祝詞を美しく音読する
・神からの閃きの象徴、紙垂
・御神木は鎮守の森のシンボル
・知的生命体として植物を尊重する 168
・神紋に秘められたエネルギー
・真我を思い起こすお神札・お守り
・神意を伺うおみくじ
・願いの実現を加速させる絵馬
・燈籠は真我の導きの灯り
・長者の万灯より貧者の一灯
・御神酒は神様への尊い捧げもの
・神と共に食事をいただく

第4章 神社参拝を進化させる 宇宙に遍満する完全な純粋意識を知る
・心と神社を照応させる
・神社参拝を進化させる
・ケガレとハレの仕組み
・美しく広がる真我の光
・感謝と喜びを味わうお祭り
・御奉仕は優れた霊性修行
・お祭りは能動的に楽しむもの
・隠された沈黙の本当の力
・神社の御祭神の歴史
・変容していく「神様の定義」
・心神の性質に照応する神々
・さまざまな場所、さまざまな名前
・人が神を把握する手掛かり
・創造主のさまざまな表現型
・魂の中にも存在する三種の神器
・愛と天意と合わせる

おわりに

巻末資料
 ◎ 瞑想のすすめ
 ◎ 祝詞

▼まなひくらぶ 2024年1月・2月の選定書籍
https://community.camp-fire.jp/projects/view/550491

商品詳細

著者 森井 啓二(もりい けいじ)
発売日 2024/3/8
サイズ 単行本(ソフトカバー) 四六判
ページ数 272頁
ISBNコード 978-4-434-33675-1

レビュー

0件のレビュー