心を浄化する奇跡の方法 言霊を活かした美しく豊かな人生 [s240726]

心を浄化する奇跡の方法 言霊を活かした美しく豊かな人生 [s240726]

販売価格: 1,760(税込)

商品詳細

森井 啓二(著)2024/7/26(発売)

きれい・ねっとショップでは7/26(金)よりご購入いただけます。




▼美しい人生、美しい魂
あなたはどのような人生を送りたいと思っていますか?
幸せな人生を送りたいと答える方が多いと思いますが、それでは、「幸せな人生」
とは、どのようなものでしょうか?
幸せな人生とは、美しいものです。
だからこそ、人は誰もが、美しくありたい、美しく生きたいと願うのでしょう。
その証拠に、食べ物や着る衣装やお化粧、立ち振る舞い、マナー、トレーニング、
言葉遣い等……、美しくなるための発信が、世界中で日々絶えることなく、数限りなく行われていますね。

でも、私たちが目指す美しい人生とは、そういった表面的なことだけではありません。
人として、一生涯を通して美しくあるためには、いったいどんなことを心がければよいのでしょうか。

20世紀最高の超能力者として知られるエドガー・ケイシーは、美しく生きることについて、次のように語っています。
外見は年齢とともに色褪せる。しかし、生命の美しさ、人間性の美しさは、
心の美しさを通して光り輝き、色褪せることのない美を与えることになる。
美は、内側から輝かなければならない。外見を繕つくろう前に、内側の理想を調えて、努力しなさい。
自分の内側から輝くことで、外見の美しさは自然に現れてくるだろう。

「自分の内側から輝く」とはどういうことでしょうか?
本来、私たちは誰もが美しい魂そのものです。
そして、その美しい魂を心が包んでいます。
心が清らかに澄んでいれば、美しい魂の光は本来の輝きを放ちます。
けれど、心が汚れていれば、美しい魂の光は覆い隠されてしまいます。
そう、私たちが内側から美しく輝く秘訣は、心をきれいに浄化することなのです。
では、どうすれば心をきれいにすることができるのでしょうか?
実は、その方法を教えてくれるものがあります。
それは「聖典」と呼ばれるもの。

この地球上には古代から、時空を超越し、神々の世界と人間の世界の中間と言えるほどの高い霊的な力をもつ「聖仙」と呼ばれる存在が出現しています。
そんな聖仙たちが、地球に生きるすべての人々が魂を光り輝かせるために、心を究極まで美しくする方法を残してくれたのが、「聖典」なのです。
本書には、「聖典」からいただいた、心をきれいにするための種子が、大切に収められています。
いまのあなたにとっては、「聖典」は馴染みのないものかもしれません。
けれど、本書を読み終える頃には、あなたの心の中でその種子が芽生え、「聖典」
のすばらしさが理解できるようになることと思います。
そしてそれと同時に、辛く苦しいと、あるいはつまらないと感じているかもしれないあなたの日常生活が、とても美しく楽しいものとして感じられるようになることでしょう。
日常生活を美しく楽しく豊かに、神のように生きること。
実はそれこそが、人を究極まで美しく浄化し、輝かせていくのです。

森井 啓二


▼もくじ
美しい人生、美しい魂

第1章 美しい人生の第一歩

・宇宙最高の乗り物
・常識って、なあに?
・本物の聖典とは
・自分をよく知ることの大切さ
・心と身体をよく理解する
・心って、なあに?
・心の寿命
・心の正体
・生命活動の記録の仕組み
・心の構成要素
・漢字の「心」

第2章 神様からの贈り物&
・子猫とネガティビティバイアス
・苦の正体
・神様からの贈り物
・過去世から持ち越せるもの
・理不尽な世界を認める
・白隠禅師とカヤネズミの冤罪
・魂を磨くための課題
・純粋な愛
・困難を楽しんで乗り越える
・二十四の試練

第3章 新時代を創るために必要なこと&
・幸せの土台
・過去と未来を断ち切る
・言葉を超える体験
・3つのJ
・柔軟な思考
・視点を変えてみる
・枠を外す

第4章 聖典とともに歩む&
・聖典を読むすばらしさと難しさ
・ヨハネの黙示録
・聖典の真の魅力
・清らかな白鳥
・物質世界の強い引力
・霊的な眠りからの目覚め
・この人生で魂を輝かせるために
・人生の真の目的
・人生を最高に美しくする道

美しく光輝く世界の創造


▼まなひくらぶ 2024年6月・7月の選定書籍
https://community.camp-fire.jp/projects/view/550491

商品詳細

著者 森井 啓二(もりい けいじ)
発売日 2024/7/26
サイズ 単行本(ソフトカバー) 四六判
ページ数 224頁
ISBNコード 978-4-434-34405-3

レビュー

0件のレビュー